あなたの街のカローラ三重へようこそ!! サイトマップ お問い合わせ

トップページ > クルマ情報 > COROLLA FIELDER

 

COROLLA FIELDER

  • HYBRID G“W×B”、HYBRID Gの写真はメーカーオプション(ルーフレール)装着車です。
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。

  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。

  • VDA法測定値。■数値はすべて社内測定値。

  • トノカバー

  • デッキアンダートレイ

  • 格納式フック

進路上の先行車を単眼カメラとレーザーレーダーで検出。衝突が予測される場合には、警報を発して回避操作を促します。その際、約30km/h ~80km/h で走行中にブレーキを踏むと、強力なブレーキアシストが作動します。
また仮にブレーキを踏めなかった場合でも自動ブレーキにより約30km/h の減速を行い、たとえば停止車両に対し自車速度30km/h の場合は、衝突の回避あるいは衝突被害の軽減を支援します。

  • 自動ブレーキは自車速度約10km/h〜80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • 数値は社内測定値。

レーンディパーチャーアラート※1は、道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、
ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、
ブザーおよびTFTマルチインフォメーションディスプレイ※2の表示により注意を喚起します。
※1 車線逸脱警報。 ※2 ガソリン車の場合はドライブモニター。

  • 本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者の早期発見をサポート。
切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

  • 自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ハイ・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
  • 道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

  • 価格は消費税8%込み<'16年7月現在のもの>です。車両本体価格にはオプション価格、取付費は含まれていません。

EXTERIOR 進化したエクステリア

個性を楽しむ”+Red”、
クールスタイルな“W×B”、
そしてベースグレードの
フィールダー

※HYBRID G“W×B”、HYBRID Gの写真はメーカーオプション(ルーフレール)装着車です。 ※詳しくは販売店にお問い合わせください。

※HYBRID G“W×B”、HYBRID Gの写真はメーカーオプション(ルーフレール)装着車です。 ※詳しくは販売店にお問い合わせください。

※HYBRID G“W×B”、HYBRID Gの写真はメーカーオプション(ルーフレール)装着車です。 ※詳しくは販売店にお問い合わせください。

販売店で見る

INTERIOR 上質なインテリア

上質なデザイン、
心地よさを追求した機能性が、
高いレベルで調和する。

※詳しくは販売店にお問い合わせください。

販売店で見る

LUGGAGE 広々ラゲージ

たっぷり積めるうれしさ。
カンタン操作で生まれる、
ゆとりスペース。

※VDA法測定値。 ■数値はすべて社内測定値。

実用性を考え抜いた、
便利なラゲージユーティリティ

販売店で見る

PERFORMANCE さらなる燃費向上へ

ハイブリッドシステムの高効率化、
新1.5Lガソリンエンジンの
開発による、
さらなる燃費向上へ。

試乗予約する

SAFETY 3つの先進安全装備

トヨタ初搭載 予防安全パッケージ
「Toyota Safety Sense C」

2種類のセンサーで危険を感知し、
3種類の機能で事故に備えます。

SENSOR 2種類のセンサー

FUNCTION 3つの機能

衝突の回避や衝突時の
被害軽減をサポート

プリクラッシュセーフティシステム
(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

進路上の先行車を単眼カメラとレーザーレーダーで検出。衝突が予測される場合には、警報を発して回避操作を促します。その際、約30km/h 〜80km/hで走行中にブレーキを踏むと、強力なブレーキアシストが作動します。
また仮にブレーキを踏めなかった場合でも自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、たとえば停止車両に対し自車速度30km/hの場合は、衝突の回避あるいは衝突被害の軽減を支援します。

  • ・自動ブレーキは自車速度約10km/h〜80km/h、相対速度10km/h以上で作動します。また、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • ・プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • ・数値は社内測定値。

車線逸脱による事故を
未然に防ぐために

レーンディパーチャーアラート(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

レーンディパーチャーアラート※1 は、道路上の白線(黄線)をセン サーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱 する可能性がある場合、ブザーおよびTFT マルチインフォメーションディスプレイ※2 の表示により注意を喚起します。

※1 車線逸脱警報。 ※2 ガソリン車の場合はドライブモニター。

  • ・本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • ・レーンディパーチャーアラート [ LDA ] はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

夜間の歩行者などの
早期発見に貢献

オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者の早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

  • ・自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ・ハイ・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
  • ・道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

試乗予約する

GRADE/PLAN グレード・価格 お得な買い方

主なグレード

※詳しくは販売店にお問い合わせください。

商談予約する